吉野裕行 CATWALK

発売日:2014年10月29日発売
作詞:喜介
作曲:渡辺拓也

catwalk baby
dreaming lady
Walking to be alone

ah 途方に暮れちゃうわ
せっかくの夜にケチがついて
あんなに甘い台詞も
アトモカタモ残っちゃないし

輝いていたはずなの
まつげの先からつま先まで
てかアタシどうかしてるわ
まだ ドアは開かない

見透かすくらいなら抱きしめて
この胸の高鳴り君にあげる
単純な方法で
深い夜を2人歩きましょ

バラの花びらを敷き詰めて
息がかかるくらいに近づいて
触れてみたい
夢くらい
自由にさせてよ

けたたましくベルが鳴る

catwalk baby
dreaming lady
Walking to be alone

ねぇ どこか足りないの
泡と消えて 溺れる朝
赤いはずのインテリア
アトモカタモ残っちゃないし

気付けばまたタメ息
つまらない日々が鼻の先まで
何が始まる こんなハートブレイクで
どこへ乗り込むの

連れ出してその強い腕で
ほら素敵な声のあなたが良い
味気のない 週末を
怖くないわ 裸足で歩きましょ

気の利いた言葉はいらないわ
息がかかるくらいに近づいて
遠回りは
したくない
時間がないのよ

かわるがわる明日まで

青い空に探していたもの
青すぎた夢の跡
ダレモカレモみんな
あきらめたフリ

せめてこれくらい

見透かすくらいなら抱きしめて
この胸の高鳴り君にあげる
単純に 近づいて
深い夜を2人歩きましょ

バラの花びらを敷き詰めて
息がかかるくらいに近づいて
遠回りは
したくない
時間がないのよ

けたたましくベルが鳴る

吉野裕行 CATWALK 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -