古川本舗 Hail against the barn door

発売日:2014年10月22日発売
作詞:古川本舗
作曲:古川本舗

穏やかな日々の終わり、春の夢。
清かな君が伝えようと歌う想いを照らした。
お前も汚れ、みすぼらしく流れ流れ、
足掻き生きてるんだ。善いとは言えない。

小さな手も、髪も伸びきったその後は
他の誰も、僕も知りえない事
放り投げた石が転がりつづけているなら
やがて止まる日まで
大きな手、鮮やかな肌と、暮れた昨日
恐れる物なんてまだまだ知らない事
Hail against the barn door
その一つは、扉を揺らし始めるよ、今に

満ち足りて夢は春の夜砕け、
清かな君が伝え歌う想い。色がついたなら
お前は汚れ、みすぼらしくもまだ呼吸を止められない。
嫌とは言えない。言えない。

回る、まわる、くるくると。手を鳴らして!
他の誰も、真似なんてできないこと
傷ついた体が癒えるその前に
終わってしまう事もあるんだ

穏やかな日々は春の夜の夢の続き。
密やかな声が伝え話す想い、重い荷物を降ろす。

お前は汚れ、みすぼらしくもまだ
足掻き生きてるんだ。良いとは言えない。言えない。

可哀想に。あなたは動けずに
いつまでも知られずに枯れてゆくよ
放り投げた意思が跳ね返り また心を灯す
君や世界ごと燃やしてしまうよ

小さな手、艶やかな肌に、触れてみた
恐れる事なんてまだまだ知らないなら
Hail against the born door
青く晴れたその日がいつか来るように、祈ってるよ。

古川本舗 Hail against the barn door 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -