叙情四重奏「カノン」 蒼い春

発売日:2016年2月10日
歌手:叙情四重奏「カノン」
作詞:悠
作曲:イオ

ねぇ、きっと僕らは忘れるだろう
昨日までは大事だった物も
だからせめて見えなくなるまで
遠くから手を振っていて

あぁ、冷たい風が肌を刺す夕暮れに
吐いた溜息は白く濁って行く
街の灯りは少し遠くに見えて
ゆっくりと走り出す

不意に頭の中 伝えそびれた
言葉達が浮かんでは消える
ついさっき迄は隠れていたのに

ねぇ、きっと僕らは忘れるだろう
昨日までは大事だった物も
だからせめて見えなくなるまで
遠くから手を振っていて

いつか涙溜めて見てた夢 何を意味してたの?
声はまた震えて

ねぇ、瞼の裏に焼き付いたまま
その姿が、形が消えないんだよ
今でもまだ微熱は取れずに
僕を離さない

ねぇ、きっと僕らは忘れるだろう
今日この時も明日には過去なんだ
今度は少し悪足掻きする様に
強く名前を呼んでいて

叙情四重奏「カノン」 蒼い春 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -