光源 山崎まさよし

光源

JP歌詞

ドラマ「望郷」主題歌
山崎まさよし新曲「光源」
発売日:2016年9月28日
歌手:山崎まさよし
作詞:山崎将義
作曲:山崎将義
歌詞:
こらえきれなくて流れ出した涙は街を滲ませた
数え切れないほどの人たちの願いは何処にあるのだろう

あの場所から明日を手繰り寄せるように
何もない空に手を伸ばした
憧れも自分らしさも解らないまま
ただ頑なに ただ真直ぐに
光だけを求めてた

深い海に沈んでくようなまどろみにこの身を預けた

弱さを隠すため独りよがりな言葉で君を傷つけた
眼を閉じた暗闇の中の祈りは誰に届くのだろう

置き去りにされた夢はまだどこかで
僕の事を待っているのかな
あの場所から明日を手繰り寄せるように
何もない空に手を伸ばした
やみくもに進む事に疲れた時
ずっと動かず 見つめていてくれる
光だけを探してた

光源 山崎まさよし

光源 山崎まさよし


山崎まさよし 新曲「光源」の情報/コメント/感想
ニューシングル「君の名前」に収録される「光源」が、テレビ東京が2016年に放送する、ドラマスペシャル 湊かなえサスペンス『望郷』の主題歌に決定。
この楽曲は『望郷』を愛読していた山崎がこの作品のために書き下ろした、ぬくもりのある渾身の楽曲となっている。

ツイッターのコメント
ふとした時に、この曲が歌いたくなる。
この曲を教えてくれた友達は、今も元気でやっとるかね。
そっちには僕の声、届いてますか?

山崎がレコーディングに立ち会う中、繊細で情緒あふれる歌声を披露した濱田は「山崎さんがいると思うと、緊張しました。歌を作ってくれて、共演できて、レコーディングまで一緒なんて、こんなに心強いことはないです」と大感激。歌声を聴いた山崎は「うまい。声がすごくいい」とうなり、濱田に「声帯換えよか?」とつぶやくほど最高の賛辞を贈った。

山崎まさよし
ヤマザキマサヨシ
1971年生まれ、滋賀出身の男性シンガーソングライター。1992年から横浜を中心に弾き語りによるライブ活動をスタートさせる。1995年9月にシングル「月明かりに照らされて」でデビュー。1997年1月に発表したシングル「One more time,One more chance」のヒットで一躍ブレイクを果たす。また、役者としても映画「月とキャベツ」やドラマ「奇跡の人」、CMなどに出演し高い評価を獲得している。2015年8月にベストアルバム「ROSE PERIOD ~the BEST 2005-2015~」と「UNDER THE ROSE ~B-sides & Rarities 2005-2015~」を同時リリース。同年9月にはデビュー20周年を記念したライブイベント「YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2015 ~20th Anniversary~」を開催した。現在、最新シングル「21世紀マン(20th anniversary ver.)」を携えた全国ツアー「”Twenty First Century Men” TOUR 2015-2016」を開催中。2016年3月2日には「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」の主題歌「空へ」を収録したシングルを発表する。

光源 山崎まさよし 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -