佳山明生 三つで五百円

発売日:2014年9月24日発売
作詞:山田孝雄
作曲:むつひろし

いかがで御座いましょうか
三つで五百円で御座います
レパートリーを申し上げます
小唄、端唄、長唄、都々逸、歌謡曲、
アルゼンチンタンゴから、コンチネンタルタンゴ、
シャンソン、オペラに、ウェスタンから、ラテン、
おミュージックまで、
三つで五百円で御座います
いかがで御座いましょうか

ガキの時分に捨てられた 捨てられた
母を尋ねて 幾万里 幾万里
バカな流しです

家じゃ娘が待ってます 待ってます
腹をすかせて 泣いてます 泣いてます
妻は逃げました

三つで五百円で御座います
御希望とあれば踊らしても頂きます
花柳流です お茶は表千家に裏千家
お花は未生流、剣をとれば神蔭流、
指圧は浪越流を修得、致しております
三つで五百円 そちらのお客様、
また、こちら様 いかがで御座いましょうか

生まれ東北 山ん中 森ん中
セミがミンミン 泣いていた 泣いていた
サルも居りました

遠く仰げば幸せが 幸せが
俺をかすかに 呼んでいる 呼んでいる
涙こぼれます

三つで五百円で御座います
いかがで御座いましょうか
いかがで御座いましょうか
そちらのお客様、三つで五百円で御座います
いかがで御座いましょうか…

佳山明生 三つで五百円 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -