五十川ゆき 惚れた女の恋の道 歌詞

発売日:2015年4月8日
歌手:五十川ゆき
作詞:鈴木紀代
作曲:西つよし

惚れた女の 想いと雪は
積もり積もって 深くなる

星の数ほど 男はいても
あたしゃ あんたに 岡っ惚(ぽ)れ
ためらい恥じらい かなぐり捨てて
愛の一字に 賭けてみる
ダメと言うなら ダメでいい
尽くす 捧げる くつがえす
バカと言うなら バカでいい
これが私(あたし)の これが私の 恋の道

惚れたあんたに 謎かけられりゃ
解かざぁなるまい 博多帯

私好みの男でなけりゃ
肌も心も 許さない
女の倖せ そそいでおくれ
愛の一字を 見せとくれ
ダメと言うなら ダメでいい
全て 忘れて 火と燃える
バカと言うなら バカでいい
女盛りの 女盛りの 恋の道

ダメと言うなら ダメでいい
愚痴も 涙も こぼさない
バカと言うなら バカでいい
惚れた私の 惚れた私の 恋の道

五十川ゆき 惚れた女の恋の道 歌詞 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -