乃木坂46 君は僕と会わない方がよかったのかな 歌詞

発売日:2015年3月18日
歌手:乃木坂46
作詞:秋元康
作曲:Akira Sunset・ha-j

君は僕と会わない方がよかったのかな
なんて思う
夕暮れの街 人混みに紛れ
背中丸めて歩いた
しあわせにできなかったふがいなさに
今日の僕は凹んでる

僕たちはどこかで
求め合ったのに
気づかぬふりして
やり過ごした
それがやさしさだと
勝手に思い込んで
少しずつ距離ができてた

抱きしめようとして
素直になれずに
そう 悲しませて
ごめんね

君は僕と会ってしまってまわり道した
かもしれない
僕よりもっと 大人の誰かと
恋をしてたら 今頃…
あのカフェの恋人たち 楽しそうで
一人きりがやるせない

やり直すチャンスは
きっとあったのに
また同じことを
繰り返す
君を期待させて
傷つけてしまったら
思い出は涙に変わる

電話でサヨナラを
言いたくなかった
でも直接は
言えない

君は僕と会わない方がよかったのかな
なんて思う
夕暮れの街 人混みに紛れ
背中丸めて歩いた
しあわせにできなかったふがいなさに
今日の僕は凹んでる

タイムマシン乗って
二人が出会う前に行こう
君に話しかけずに
通り過ぎてしまおう
WOW…

運命はいつでも
残酷なものだ
そう 思うように
ならない

君は僕と会ってしまってまわり道した
かもしれない
僕よりもっと 大人の誰かと
恋をしてたら 今頃…
あのカフェの恋人たち 楽しそうで
一人きりがやるせない
だって 今も好きなんだ

乃木坂46 君は僕と会わない方がよかったのかな 歌詞 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -