中西保志 秋日傘

発売日:2015年10月7日
歌手:中西保志
作詞:康珍化
作曲:都志見隆
歌詞:
季節の風が 山のみどりを 赤や黄色に 塗りかえてくと
おばちゃんの家に 差し込む陽射しは また少し また少し 長くなります

お線香かりて 両手あわせて 写真の中に 祈ったのは
早くおばちゃんが 悲しい気持ちと 仲直り 仲直り できますように

進む気持ちと うつむく気持ち 人の心に秋ふたつ

とーさん これを持っていけって 庭の干し柿 今年の林檎
おれはこんなで 口下手だから おまえがそばに いてあげなって

草の葉 葛の葉 風たちぬ

供えたお菓子 ひとつおろして おばちゃん 小さなため息つくの
お腹がすいたと わたしを呼ぶ声 聞きたいな 聞けたらな もういちどだけ

たたむ想い出 たためぬ想い 時が急かせる衣更え

送り火の夜 空見あげたら 何か聞こえた そんな気がした
家族は選べないものだけど ぼくのかーさんで どうもありがとう

土手の並木も 帽子を脱いで 過ぎる季節に お辞儀する頃
家族は選べないものだけど わたしの子供で どうもありがとう

土手道 誰かの 秋日傘

中西保志 秋日傘 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -