中島美嘉 – 愛詞(あいことば) PV 歌詞付き

JP歌詞

JP歌詞

宇宙戦艦ヤマト2199 ED「愛詞(あいことば)」Mika Nakashima 中島美嘉 PV視聴 MV 動画試聴 歌詞付き
発売日:2013年5月22日
作詞:中島みゆき
作曲:中島みゆき
編曲:瀬尾一三
歌詞:
ありふれた男と ありふれた女が
群像の中で 突然の中で 特別な人になる
傷ついた昨日も 傷ついた未来も
諦めの中で 突然の中で 意味のある日になる
逢いたくて 昨日までと違う意味で逢いたくて
触れたくて 昨日までと違う意味で触れたくて
傷ついたあなたへ 傷ついた命へ
わかる人にしかわからない それでいい愛詞(あいことば)
わかる人にしかわからない それでいい愛詞(あいことば)
風の強い夜です 手をつないでください
昨日までならば言えた戯(ざ)れ言も ためらう風の中
願いごと増えました 独りなら願わない
あなたが微笑んでいてくれるように 泣かずにいるように
伝えたくて 昨日までと違う意味で伝えたくて
せつなくて 昨日までと違う意味でせつなくて
こごえてるあなたへ こごえてる命へ
心の扉の鍵になれ ひと粒愛詞(あいことば)
心の扉の鍵になれ ひと粒愛詞(あいことば)
傷ついたあなたへ 傷ついた命へ
わかる人にしかわからない 
それでいい愛詞(あいことば)
わかる人にしかわからない 
それでいい愛詞(あいことば)

「愛詞(あいことば)」
<感想>
中島みゆき
出来上がった譜面に宛名を書いたら、
お渡し用も自分用も中島で、
こりゃいかんとイニシャルに直したらどちらもMNで、
本名まで漢字1字違いで、なんと魚座同士。
不思議な御縁で、とっても嬉しいです。
「南の」「北の」とか付けないと、現場が混乱しそうです。

中島美嘉
正直、ダメ元でのお願い。
少しでも可能性があるなら
ご一緒したい方。
こんなに素敵な曲を
こんな速さで
提供してくださった、、、
なんとも粋でかっこいい。
この曲に一番癒されてるのは
私かもしれません。

ネットとも
歌手の中島美嘉の今年第1弾シングルが、
シンガー・ソングライターの中島みゆき が作詞・作曲した新曲「愛詞(あいことば)」(5月22日発売)に決定した。
美嘉のラブコールにみゆきが応じたもので、
初の“中島タッグ”が実現した。
同曲は4月7日スタートのTBS系アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」(日曜・後5時)のエンディングテーマに決まった。
「なかしま(中島美嘉)」と「なかじま(中島みゆき)」。
読みは違うが、日本の音楽シーンを代表する2人の「中島」が初めてタッグを組んだ。
以前から、その存在感に憧れていたという美嘉が依頼したところ、みゆきが快諾した。
作詞、作曲に当たり、みゆきは美嘉のこれまでの活動内容やインタビュー記事を集め、
メロディーと歌詞に反映しながら、わずか約2週間という異例の速さで完成。
「昨日までと違う意味で逢いたくて」
「分かる人にしか分からない。それでいい愛詞」といった、
独特のフレーズが印象的な楽曲に仕上がった。
みゆきはこれまで、研ナオコ、工藤静香、TOKIOら多数の歌手に楽曲を提供してきたが、
美嘉とは初めての仕事。「出来上がった譜面にあて名を書いたら、お渡し用も自分用も中島で、
こりゃいかんとイニシャルに直したらどちらもMNで、本名まで漢字1字違いで、
なんと魚座同士。不思議なご縁でとってもうれしいです。
『南の』『北の』とか付けないと現場が混乱しそうです」と“MNコンビ”の誕生を喜んだ。

今回は中島美嘉さんのED。
これまでのヤマトの世界観とは異なる歌詞ですが、
最後の「わかる人にしかわからない それでいい愛詞」が妙に残りました。
僕は、というかココに来られてる方の多くはそうなんだと思いますが、ヤマトを観ると、
何て言うかすごく心地いい気持ちになるんです。
そしてそれと同じ思いをっ!ていう(勝手な)思いで、
親しくなった人には半ば強引に?ヤマトを勧めるのです。
でもはたして自分と同じ気持ちになれるのかというと、
そんなことはわかろうはずがありません。
そんな思いがこの歌詞と重なり「それでいいか」と。
(中島みゆきさんの意図とは違うのでしょうが)

4月6日、NHKの「SONGS」(この番組、時々見てる)で、
中島みゆきさんの『時代』という歌を取り上げていた。
東日本大震災のあと、岩手県の高校の合唱部の生徒が、
この歌を被災された人達に手話を交えながら歌ってる姿などが紹介されてました。
すごく、いい歌ですよ。
「今日は倒れた旅人たちも 生まれ変わって歩き出すよ・・・」
の、歌詞のように、また頑張ってみようって勇気をもらえる歌です。
その、中島みゆきさんが、中島美嘉さんへ楽曲提供した歌が・・『愛詞(あいことば)』。
TBS系で日曜の夕方5時から放送されてる『宇宙戦艦ヤマト2199』のエンディングテーマになってます。
中島美嘉さんは、中島みゆきさんに「正直、ダメ元でのお願い」で楽曲を依頼したそうです。
みゆきさんのほうも、快く提供してくれたとのこと。
なんでも、言ってみるもんですね。^^
もともと、中島美嘉は中島みゆきのファン?だったようで、
「少しでも可能性があるならご一緒したい方。」という美嘉さんの気持ちに、
みゆきさんも答えてくれたようです。
歌詞もいいし、フルで聴いてみたくて1回目の『宇宙戦艦ヤマト2199』の放送をテレビで見るつもりが、
うっかり忘れてしまいました。(^^;
次回は予約録画しておこうかな。。

決して曲が悪いとは思っていません、あのED事は。
ただの歌謡曲としては凄くイイと思っています。
ただ、ヤマト2199のED曲としては問題を感じるのです。
イベント上映版及びブルーレィ&DVD版のEDと比べると内容を踏まえて作られた曲には思えないのです。
中島みゆきだけの責任だとは思っておりません、半分は出渕裕総監督の責任だと思っています。
イベント上映版及びブルーレィ&DVD版のEDの時は
作詞作曲の方たちやシンガーの方たちとかなり話しあってED曲を作っていた出渕裕総監督が、
何故か?中島美嘉が中島みゆきに作詞作曲を依頼した時、
全く出渕裕総監督はヤマト2199の責任者として中島みゆきと打ち合わせをしなかった様です。
たぶんに地上波のTV放送は1度だけなので、
あとは再放送はCSやBSやケーブルTVなので、そちらはブルーレィ&
DVD版の放送になるし、レンタルもブルーレィ&DVD版なので、
そんなに地上波TV放送のEDに積極的ではなかった様な気がします。
先にも書きましたが、曲としてはいい曲なので、もし、
中島美嘉が作詞作曲を中島みゆきに依頼した時、
出渕裕総監督が中島みゆきと打ち合わせをイベント上映版及びブルーレィ&DVD版並みにしていたら、
いい曲の上ヤマト2199のEDにふさわしい曲になったのではないでしょうか?

その他のコンテンツ:
33年ぶりの復活となる『宇宙戦艦ヤマト2199』(毎週日曜 後5:00)が7日、MBS・TBS系で
放送開始され、番組平均視聴率が関西で5.9%、関東で5.7%と好スタートを切ったことが8日、
わかった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ。
MBSの担当者は「どのような人がどれくらいテレビを視聴したかを示す個人視聴率では、
35~49歳が最も多く、次に20~34歳、そして4~12歳と続いたことから、親子2代で
観ていただけたのではないか」と好感触を語っている。
『宇宙戦艦ヤマト』は1974年10月から1975年3月までテレビ放送され、日本のアニメーション史に
おいて後の作品にも多大な影響を与えている不朽の名作。続編の『宇宙戦艦ヤマト2』
(1978年10月~1979年4月)、『宇宙戦艦ヤマトIII』(1980年10月~1981年4月)以来、33年ぶりの
テレビ新シリーズとして放送前から注目を集めていた。
新シリーズは、新たなスタッフによる完全リメイク版で、ヤマト艦長の沖田十三をはじめ、
戦術長の古代進、船務長の森雪らオリジナルキャラクターに加え、女性パイロットなど
新しいキャラクターも登場。声優陣も、沖田艦長に菅生隆之、古代進に小野大輔、森雪に桑島法子、
島大介に鈴村健一、スターシャに井上喜久子、デスラー総統に山寺宏一ら人気キャストが集まり、
従来の“ヤマト”ファンから若い世代まで、幅広いアニメファンの期待に応えるべく制作された。
番組放送中、ツイッターでハッシュタグ「#yamato2199」をつけてツイートすると、データ放送画面に
表示されるサービスを実施していたこともあり、7日午後5時からの1時間「HOTワード」の
1位・2位を「ヤマト」「#yamato2199」が独占する盛り上がりを見せていた。
皆さんの感想教えてください( ^_^ )

中島美嘉 – 愛詞(あいことば) PV 歌詞付き 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -