中島孝 YUKIDOKE

発売日:2016年1月27日
歌手:中島孝
作詞:中島孝
作曲:中島孝

カラフルな屋根 三角の屋根
気温は0を下回った
厚手のニットと 手袋をして
少年はドアを開けたのさ
真っ白な雪の 妖精たちが踊ってる
少年は踵を鳴らしたのさ
柔らかなほっぺに 妖精が舞い降りて
少年と一つに溶け合った

白く積もった その足跡は 消えずに残るの

さよならさえも言えずにまた
さよならを繰り返すのかな
この雪が溶けてしまう頃に僕は
ひとつ大人になるの

あたたかな雨 吹き付けた風
季節は変わろうとしてる
乾いたシャツは シワひとつ無く
春の訪れを待っている

雪解けの時 何を想うの

さよならさえも言えずにまた
さよならを繰り返すのかな
この雪が溶けてしまう頃に僕は
ひとつ大人になるの

少年はやがて大人なった
秘密はいつまでも秘密だった
冬の妖精は踊り続けた
ぬくもりはまだ消えてないわ
わたしは時を待ってる

さよならさえも言えずにまた
さよならを繰り返すのかな
この雪が溶けてしまう頃に僕は
ひとつ大人になるの

あの頃はまだこの痛みの 理由なんて分からずにいた
繰り返しつけた傷跡を 愛と呼ぶにはまだ幼かった

YUKIDOKE さよなら

中島孝 YUKIDOKE 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -