上北健 false color

発売日:2015年9月9日
歌手:上北健
作詞:上北健
作曲:上北健
歌詞:
躊躇って飲み込んだあの言葉、
今まではもう思い出すことさえできないんだろう。
いつだって、人はそうして自分の心すら、
偽った色に塗りつぶしていく。

後悔はないか。

小さい頃描いた空想の未来。
今思えば、ひどく鮮やかな色たちだ。
その全部が少しずつ混ざり合って、
誰の眼にも映らない、この僕を形作ってきたんだ。

君が居れば、不甲斐ないこの日々だって、
少しは好きになるかもって思ったりもするよ。
まだ先は見えないんだけどさ。

戸惑って踏み出せない一歩が例えば、
誰かの生きる意味になっているとしたら、
汚れてしまった胸の深いところ、
煌めく色が、雫落として澄み渡っていく。

振り返れば、
手を取り合い笑うこと、肩寄せ合い泣くこと、
通り過ぎていった記憶に残ってはいないこと。
君がくれた新しい名前のない感情が
間違ったりしないで、と背中を押す。

君が手を振った世界の間違いを辿るようにして、
ここまで走り続けて来れたから、
今は悲しいことも増えたけど、まだ大丈夫。
心に、君の色が残っているから。

見渡す限りどこにもないと気づいたときにはもう遅くて、
君のいない景色だけが残った。一人きりだ。

振出しに戻った、いやちがう。

ここには、あの日ついた傷がある。
悩み苦しんだ証が教えてくれた、まだ続きがある。

要らないと切り捨てた過去も、
要らないと傷つけたこの心も、
明日に繋がっていると知った。

君が手を振った世界の間違いを辿るようにして、
ここまで走り続けて来れたから、
きっとこの先も塗り替えて行けるだろう。
待っていてよ。君に、僕の色を伝えに行くから。

キャンバスに描いた空想は輪郭を得て、
今、望んだ未来を写す鏡になる。

名も無い色が生まれる。

上北健 false color 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -