上北健 DIARY

発売日:2015年9月9日
歌手:上北健
作詞:上北健
作曲:上北健
歌詞:
痛いこと忘れて、零したあの青い言葉。遠い春の終わり。
夕暮れの街は今日の罪を知らないように、終わりの鐘を鳴らすんだ。

路地裏。笑い声。窓の向こう、嬉しそうな家族の風景。
胸が苦しくて見上げた先、はじめての星が輝いていた。

僕はひとり常夜灯に照らされて、明日を待って、秒針に急かされて、
気付けば何も残らない今日を悔やんでは放り出して、
いつも残るのは変われない僕の方だ。

愛に怯えて離れた町。風はまだ暑い。夏の終わり。
積み上げた荷物、笑い合えた日の記憶、置き去りで歩く。
先は見えないけど。君が居ないけど。

遠回り、
ブランコ公園、
水飲み場、
消えゆく命、
市民ホール、
ピアノの音、

君が儚く笑うんだ。

重なり合う景色達が啄んでゆく、僕の形を。
ありふれた声は要らない。僕は要らない。

腫れた目こすって約束した、また会うこと。辛い秋の終わり。
大丈夫、君なら。笑っていて。と、胸の中絶えず響く。今もほら。

転んだって前だけを向いて、みっともなくても気にしないで、
言いたいな、「ずっと一緒に居てよ。」

僕にだって意味があるように、誰にだって意味があるから。
聞きたいな、明日に繋がる声を。

いつか今日を思い出す時に、君の笑顔が消えないように。
いつか僕が居なくなる前に、君との日々が消えないように、
これを残すよ。

あいも変わらず足跡ひとつ。道の途中、寒い冬の終わり。
夕暮れの街が、少しだけ優しく見えた。そんな日の話。

上北健 DIARY 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -