七尾百合子(伊藤美来) 空想文学少女

作詞:藤本記子
作曲:福富雅之

やわらかな 光の中
埃のパレード抜けて
抱きしめた本の匂い
切なくなるほど
この想い 君へと

背伸びしても届かない背表紙に
君の手がそっとくれた優しさ

差し出されたタイトルが示してた
この出会いは『恋のはじまり』

あの日 君にうまく言えなかった
「ありがとう」
昼下がりのエピソード
今も覚えてますか?

涙の意味(わけ)が知りたい
ページめくって「恋」だって
気づいたこの気持ち 君のこと知りたい
名前呼んで 好きだって 言える日は遠くて
向かい合わせ いつの日かきっと…
なんて恋愛小説(ラブストーリー)は
今日もフィクションのままで

深呼吸で開いた裏表紙
ほんの少し君に近づく瞬間
薄汚れたカードに記された
右上がりの5つの文字

突然話しかけたら
きっと君は困るかな
頬杖ついてモノローグ
そんな勇気ないのに…ああ

君はまたいつもの席
夢中で滑らせる指先
やわらかな光の中
少し伸びをする君の目線の先
目と目が会ったらいいな

恋の展開(ゆくえ)が知りたい
ページめくって 次だって
期待してるこの心
君のこと知りたい
名前呼んで 好きだって
言える日は遠くて
向かい合わせ いつの日かきっと…
なんて空想文学小説(ゆめ)みたいな
君との恋愛小説(ラブストーリー)は
今日もフィクションのままで

七尾百合子(伊藤美来) 空想文学少女 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -