セレクション10(SKE48) 友達のままで

作詞:秋元康
作曲:小川コータ

陽の当たる石段を
あといくつ上ったら
僕たちが泳いでいた
あの海が見えるのだろう?

過ぎ去った青春は
いつだってほろ苦く
この胸に寄せて返す
さざ波のようだね

君のいない今年の夏
蝉の声がどこか寂しく
緑の木々が風に揺れるその度
振り向く

友達のままで
僕たちは大人になって
大事なもの 守ったね
お互いの夢を
語り合い答えを出した
君と僕の
若さはリグレット

今ならば丘の上
見下ろせる海岸線
近すぎて見えなかった
かけがえのないもの

君はどこの空の下で
夏の風に吹かれているの?
長い髪を指でかきあげる横顔が
懐かしい

友達のままで
恋人にならなかったこと
正しかったのだろうか?
僕たちの夢は
恋したらだめだったのかな
女々しい奴と
笑っておくれ

空と海
交わる線
想いは
ひとつだったのに…

友達のままで
僕たちは大人になって
大事なもの 守ったね
お互いの夢を
語り合い答えを出した
君と僕の
若さはリグレット

セレクション10(SKE48) 友達のままで 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -