すぎもとまさと 五月の空へ

旅に出るように 突然
あっちへ行ってから
公園沿いの桜が 何度も何度も咲きました
今でもふいに ピアノの前に 帰ってくるようで
ジーンズ姿のあんた 永久欠番です
春に生まれて 春に逝った
あんたらしい 計らいですね
五月(さつき)晴れの こんな日に 仲間たちが集う
あんたの好きな ビールがおいしい季節です

いつも少年の 面影
残して むきになる
あんたのそんなところが やっぱりやっぱり好きでした
背中を揺らし 奏でるメロディー 涙も喜びも
すべてを音符に変える マジシャンみたいな人
飄々(ひょうひょう)とした 写真の顔
年をとらず 憎らしいほど
五月(さつき)晴れの こんな日に 仲間たちが唄う
あんたの歌を 五月の空へと 捧げます

あんたはひとり 宇宙でひとり 誰にも代われない
心にいつでも生きる 永久欠番です
春に生まれて 春に逝った
あんたらしい ぬくもりですね
五月(さつき)晴れの こんな日に 仲間たちが集う
あんたの好きな ビールがおいしい季節です

すぎもとまさと 五月の空へ 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -