魔法を使い果たして Aqua Timez

歌手:Aqua Timez
作詞:太志
作曲:太志

光に誘われて走る子ども 漂白されていたあの教科書
濁りながら純粋を知ること 仲間にさえ勝たねばいかぬこと

誰も敵じゃない そう言えたら 毎日は素敵じゃない?
風とカーテンのように 雨とあじさいのように
この星で 待ち合わせたのに

ときどき 涙ぐむくらい 人を愛せたら
未来は変わるだろうか 僕らは競争している間に
忘れてしまった ただひたすら愛しいと想う気持ちを

進んでほしいと思ってみたり 戻ってほしいと思ってみたり
行かないでほしいとすがってみたりしてみても 連れて行かれる未来

約束をするのは 今が千切れていくのが怖いからで
子どもみたいに永遠を欲しがる 大人が考えた魔法
寂しい魔法使いになった時 なった時

その時 この朝焼けを ぎゅっと絞って
ぶどうジュースにできたら 飲み干そう
そう、できれば君と乾杯して
ゆっくり 生きてく意味を味わいながら

人恋しくて 人を恐れて 遠回りしながら人を 人を

ときどき 涙ぐむくらい 人を愛すこと
悲しみなど青春が 見せる一つ 一つ 一つの顔に過ぎないから
君は最後に思いきり笑うのさ

魔法を使い果たして Aqua Timez 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -