誰も知らない 沖ちづる

歌手:沖ちづる
作詞:沖ちづる
作曲:沖ちづる

孤独な空が雪を落としてる
僕は濡れた肩を気にしながら歩いている

もう聴かなくなったレコードをかけて
昔の手紙は捨てて行こう
ここで出会った沢山の人も
あの景色も置いて行こう

住み着いた猫の夕飯の時間も
隣の部屋の話し声も
いつか僕は忘れるだろう
全ての日々を忘れるだろう

すれ違う人が
愛おしく見えてくる
都合のいい僕のことだから
今はここでさようなら

誰もいない 誰も知らない
この街の歌が流れている
誰もいない 誰も知らない
この街の歌よ 永遠に

誰もいない 誰も知らない
この街の歌が流れたら
誰もいない 誰も知らない
この街の歌よ 永遠に

==

- スポンサーリンク -