細川たかし 艶歌船

歌詞:
腰に結んだ 一本綱に
命あずけた 荒くれ鴎
かしぐ舳先(へさき)に かみつくしぶき
胸が…胸が騒ぐぜ 千島の沖じゃ
意地で乗り切る 艶歌船

海の稼ぎと 男の情け
なんであの娘は 秤(はかり)にかける
肌に沁みてる 女の匂い
潮に…潮にさらせば いつかは消える
涙ぐむなよ 艶歌船

蟹の甲羅で 飲み干す酒が
俺にゃ一番 似合いの酒だ
思い出すなよ 港の灯り
波が…波がドンとくりゃ 未練も夢も
どうせ藻屑(もくず)さ 艶歌船

==

- スポンサーリンク -