村上文緒(名塚佳織) 栞

歌手:村上文緒(名塚佳織)
作詞:利根川貴之
作曲:川嶋可能

お気に入りベンチでひとり めぐる恋のストーリー
なにげなくそっと手に取った 赤い背表紙

ひざ掛けのぬくもりがきっと 暖めてくれるから
切なくさせるセリフにもキュッとこらえるの

時間の感覚さえ 少し忘れていて
左手の残りページにふと気づいたの

終わらないで 進むたび想いが反比例
まだ夢を見ていたい 揺れる気持ちの中
もっと知りたい まだ読み続けていたいけど
この時もいとしいから 今はね栞をはさむ

放課後の図書館ひとり 想い出の本をとる
あの頃感じた気持ちに少し照れるの

時間の感覚さえ 今は忘れるほど
蘇るあの気持ちにふと感じたの

変わらないね 大切にしてる想いは
いつまでも色あせない やさしい光の中
もっと大人に なったら変わってゆくかな?
この時もいとしいから 今はね栞をはさむ

終わらないで 進むたび想いが反比例
まだ夢を見ていたい 揺れる気持ちの中
もっと知りたい まだ読み続けていたいけど
この時もいとしいから 今はね栞をはさむ

==

- スポンサーリンク -