待ちぼうけのLacrima アクアリウス

歌手:アクアリウス
作詞:真崎エリカ
作曲:小高光太郎・UiNA

お気に入りのコートはあったかいのに
かじかんだまま指はポケットの中
不意に届いた 誰かのはしゃぎ声
胸のささくれが引っ張られ痛んだ
聞きたいベルはサイレンス 文字の羅列も一方通行
一番綺麗な場所で 会いたいよねって笑ったのは…
嘘だったの?

まばたくと落ちてくの
透明で、すうっと消えそうなカケラたち
イルミネーション滲ませないでよって
意地悪ね きいてくれないの
わがままな Lacrima

君の手帳めくるそんな仕草を
こっそりと目の端で追ってたのは
そのページのどこか一行でいい
交わした約束ありますように
信じてないわけじゃないよ でも言い切れず 不安なのは
いつも大丈夫代わりに 髪くしゃり 撫でてくれるのは…
君だから

寒空を降りてくる
この街の初雪 溶かす雫たち
待ち合わせしてたみたいにね
華やいでく 空気が苦しいよ
ねぇ どこにいるの

こぼれたミルク色の向こうに 幻見た気がした
世界の中心がそこにあるようなコントラスト
夜が…はじまる

氷点下をとろかして
耳たぶにゆるくかかるハネた吐息
言いたかった言葉なんて何も
出てこない 許せるよ 目が合っただけで…

まばたくと落ちてくの
透明で、すうっと消えそうなカケラたち
君がくれたマフラーに似た温度で
また世界ぼやけていくよ
わがままだね Lacrima

==

- スポンサーリンク -