只見線のうた 六角精児バンド

歌手:六角精児バンド
作詞:六角精児
作曲:六角精児

コトコト走る列車の窓から ふと眺めれば
かなたに広がる心に響く日本の原風景
豊かな川や新緑の息吹 山の木もれ日は
そこで営む人々をたくましく育む

都会の暮らしに傷付き疲れた人の心に
そっと寄り添い生きる勇気と力をくれる

あぁ奥会津のライフライン その名も只見線

山間をいくディーゼルが人と人をつなぐ
外で手を振る地域住民の姿も笑顔でつながる
ビルもないしなんにもないし 便利でもないけど
大地の恵みが何処にも負けない ここの宝物

時には自然がキバをむき 暮らしにのしかかる
思い通りにならないことに天を仰ぎみる

頑張れ我らの未来をのせて走れ只見線
あぁ奥会津のライフライン その名も只見線

==

- スポンサーリンク -