乃木坂46 自由の彼方

作詞:秋元康
作曲:山田智和

ねえ なぜ 鳥は逃げた?
締め忘れたあの窓から
ねえ なぜ 嫌われたの?
優しくしていたのに

僕たちは(肩寄せ合い)
生きて来た(この世界で)
すべてのものが
神の恵みって信じて来た

ありふれた愛じゃ
君は充たされはしないのか?
平凡な日々は退屈だと思ったか?
手が届く夢はいつも輝きを失う
まるで枝を離れたいつかの緑

ねえ 今 どこにいるの?
強がる翼を痛めて
ねえ 今 泣いてるなら
ここまで帰ればいい

しあわせは(遠くにある)
誰かから(吹き込まれて)
海の向こうへ
飛んでみたいって無理したんだ

ありふれた愛が
いつか真実だってわかる
変わらない景色 同じ人に囲まれて
ささやかな夢と今がお互いを守ってる
瞳閉じて待つんだ 来年の花

淡々と日々は過ぎて(やがて)
人は誰も老いてくんだ(命)
ここから見える小さな空も
素敵な人生と知る

ありふれた愛じゃ
君は満足できないのか?
平凡な日々は退屈かもしれないけど
ありふれた愛が
いつか真実だってわかる
変わらない景色 同じ人に囲まれて
ささやかな夢と今がお互いを守ってる
そんな言葉を投げかけても
空の鳥に(聴こえないね)きっと
自由の彼方

==

- スポンサーリンク -