やさしいうた Kalafina

発売日:2016年11月16日
歌手:Kalafina
作詞:梶浦由記
作曲:梶浦由記

優しい気持ちになることが
時々むつかしくて
夜空に白く溜息を置いて来た

おんがくがいつでも
私の心にあって
ただひとつ行きたい場所を
照らしてくれるように祈った

明日歌う
うたはきっと
冬の陽射しの中で
きらきらと風をまとい
君の胸に届くだろう

濡れた芝生の上で
誰もが笑いさざめいて
大好きなひとたちと
甘いお菓子をつまんで

みんなが笑いさざめいて
優しい音を探しに
手を振ってそれぞれの
夢路へ帰るまで

わたしはみんなを見送って
小さなハミングで
消えて行く背中の向こうに
微笑みを届けたくて

涙が誘う夜も
静かな
鈴の音が呼ぶ方へ
迷わず行けたら
木枯らしを超えた頃
また会えるから
一緒に遊ぼう
笑って

明日歌う
うたのために
奇麗になれなくても
透明な心のまま
眠りたいと祈った

おんがくを探して
真っ白な地図を広げて
まっすぐに
ただ素直に
歌いたいだけ

まだ誰も知らない
やさしいうた
明日口ずさむ
やさしいうた
君に届け

==

- スポンサーリンク -