あなたが待ってる THE BACK HORN

あなたが待ってる

あなたが待ってる

あなたが待ってる

発売日:2017年2月22日
歌手:THE BACK HORN
作詞:菅波栄純・宇多田ヒカル
作曲:菅波栄純
歌詞:
あなたが待ってると思うだけで
もうそれだけであったかい

優しくなんて出来ない そんな時もあるさ
大事にしていたつもり 不安にさせたのは

一人きりで悩んで
一人きりで答えを出そうとして
街の風に凍えている僕だ

あなたが待ってると思うだけで
もうそれだけであったかい
白い息を吐きながら
あなたの元へ帰るから

光の届かない場所で あなたを探してた
力にはなれなくたって 笑顔にさせるから

当たり前に見えて
奇跡的に違いないこの景色を
胸の中に しまっておけたなら

あなたが待ってると思うだけで
もうそれだけであったかい
白い息を吐きながら
あなたの元へ帰るから

いつか僕らも雪の下で眠る日まで
勝手なことを言わせてくれ あなたにだけ
「そばにいたいずっと」

あなたが待ってると思うだけで
もうそれだけであったかい
白い息を吐きながら
あなたの元へ帰るから

あなたが待ってると思うだけで
もうそれだけであったかい
長い夢の終わりには
あなたの横で目覚めたい

あなたが待ってる

あなたが待ってる

THE BACK HORNが宇多田ヒカルとの共同プロデュース曲「あなたが待ってる」を制作。同曲を収録したシングルを2月22日にリリースすることが明らかになった。

宇多田の作品に山田将司(Vo)が参加したり、宇多田がTHE BACK HORNのライブに足を運んだりするなどかねてから親交のある2組。「あなたが待ってる」は菅波栄純(G)がメロディを作る中で「将司と一緒に宇多田ヒカルの歌声が聞こえた」ことをきっかけに、デモ音源を添えて宇多田に参加をオファーしたところ彼女がこれを快諾し、制作が進められた。また宇多田は「歌詞や楽曲アレンジも一緒に考えていきたい」という意向を示し、作詞に加えアレンジ、ピアノ演奏、バックグラウンドボーカルにも参加。4日間におよんだレコーディングでは、さまざまな意見が交わされた。

楽曲のリリースに際して菅波は「率直に言って、生きててよかった。音楽を、人生を、諦めずに続けてればこんな時が来るんだな、って。宇多田ヒカルと音楽を共に育んだ、短くも濃密な日々は一生の宝物だ」と述べ、宇多田も「みんなで、ただいい音楽を作りたいという気持ちで結束できて嬉しかったです。なにより、栄純さんがこの曲に込めた想いが多くの人に伝わるといいな、と思っています」とTHE BACK HORNとのレコーディングを振り返っている。

なおシングルには表題曲のほかに新曲「はじまりの歌」をカップリングに収録。初回限定盤には「あなたが待ってる」のミュージックビデオを収めたDVDが付属する。

菅波栄純 コメント

率直に言って、生きててよかった。
音楽を、人生を、諦めずに続けてればこんな時が来るんだな、って。
宇多田ヒカルと音楽を共に育んだ、短くも濃密な日々は一生の宝物だ。

素晴らしいアレンジが吹き込まれたデモ音源が送られて来た時の興奮。
宇多田さんの声が、バックホーンの曲の中に録音された時の感動。

何より宇多田さんのプロデュースは、楽曲において何が大事か、ということを見極める「視点」が際立って鋭いし、ブレないと思った。宇多田さんは歌詞を合作し、ピアノ/ストリングスのアレンジを手がけ、レコーディングに全面的に立ち会い、その「視点」を常に発揮し、どんどん余分な要素を削ぎ落としていった。イメージとしては、水の濁りが浄化されて透き通っていく感覚というか。最終的にシンプルでありながら味わい深く、何度も聴きたくなるような仕上がりになって、本当に嬉しい。

そのひたむきな音楽への情熱と、才能を惜しみなくこの楽曲に注いでくれたことへ、心から感謝しています。

宇多田ヒカル コメント

バンドの楽曲にこんな形で介入することは初めてで、プロデューサーとしての私の意見をメンバーのみんなに信じてもらえるのか最初は不安でしたが、一緒にスタジオに入った瞬間その不安は吹き飛びました。

山田さんがこういう歌詞を歌うのを聴いてみたい! デモのここのベースかっこいいからもっと目立たせたい! 何今の変なドラムフィル!? それ採用!などと、とても楽しい初体験となりました。

みんなで、ただいい音楽を作りたいという気持ちで結束できて嬉しかったです。
なにより、栄純さんがこの曲に込めた想いが多くの人に伝わるといいな、と思っています。

THE BACK HORN「あなたが待ってる」収録内容

CD
01. あなたが待ってる
02. はじまりの歌

初回限定盤DVD
・あなたが待ってる Music Video

あなたが待ってる

のツイッターの反応
あなたが待ってるは多分宇多田色の強い曲ではじまりの歌は力強い希望に溢れた曲なのかな
THE BACK HORN 『あなたが待ってる』2月22日(水)に発売!ニューシングルは宇多田ヒカルとの共同プロデュース。
宇多田ヒカルが作詞、編曲に加え、ピアノ、バックグラウンドボーカルで参加しています。

今回の驚きの組み合わせは、彼らの10年におよぶ関係性があったからこそ実現したものだ。過去に宇多田はTHE BACK HORNのワンマンライブへ足を運び、2006年には宇多田の4thアルバム『ULTRA BLUE』収録曲「One Night Magic feat.Yamada Masashi」に山田将司がゲストボーカリストとして参加するといった交流を重ねてきた。つまりこの楽曲は、一朝一夕に生まれた作品ではなく、THE BACK HORNと宇多田ヒカルが10年かけて築きあげてきた固い友愛から生まれたものだと言える。

THE BACK HORN
バックホーン
1998年に結成された4人組バンド。2001年にメジャー1stシングル「サニー」をリリース。国内外でライブを精力的に行い、日本以外でも10数カ国で作品を発表している。またオリジナリティあふれる楽曲の世界観が評価され、映画「アカルイミライ」の主題歌「未来」をはじめ、映画「CASSHERN」の挿入歌「レクイエム」、MBS・TBS 系「機動戦士ガンダム 00」の主題歌「罠」、映画「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」の主題歌「閉ざされた世界」を手がけるなど映像作品とのコラボレーションも多数展開している。2014年には熊切和嘉監督とタッグを組み制作した映画「光の音色 -THE BACK HORN Film-」が公開された。2016年10月にシングル「With You」と、映像作品「KYO-MEIツアー ~運命開歌~」を発表。11月よりストリングス隊を迎えてのホールツアー「THE BACK HORN『KYO-MEIホールツアー』~月影のシンフォニー~」を開催する。

==

- スポンサーリンク -