白い三日月 Juliet

白い三日月

白い三日月

懐かしい夜の公園の中
小さな鉄棒で逆上がりをした
かけ上がってく
夜空に浮かぶ白い三日月
どこまでもキレイで
本当に大切な物なんて
指折り数えたら片手で足りてる
だからこれから空いた左手で
キミの手握るから
僕らどんな昨日だとしても今
そうキミと見るから意味があるし
ありがとうの言葉じゃ
届かない夜
今もなんだかんだと泣き笑いして
明日なんて来なくたって
2人は続いてく
きっといつもそばにある
想い出だけを繋いでく

もしも僕らが出会わなくても
同じこの街で笑ってるだろう
それが何より失うことより
辛いことだと今は気づいている
3年も前の自分なんて
まるで違う誰かのような気がして
だからこの先今日の自分が
消えてくその前に
僕ら手を伸ばして掴める距離が
そう守ることの出来る未来で
追い越すこともできず
見上げてるけど
今もなんだかんだと泣き笑いして
言葉なんて失くしたって
2人は伝え合う
ずっとキミと
探してた物語を歩いてく
僕らどんな昨日だとしても今
そうキミと見るから意味があるし
ありがとうの言葉じゃ
届かない夜
今もなんだかんだと泣き笑いして
明日なんて来なくたって
2人は続いてく
きっといつもそばにある
想い出だけを繋いでく
公園を出て坂を登れば
街を一望できる歩道橋
大きな夜景 幾千の輝きって
星空だけじゃないんだって
この灯りのどこかにある
キミの家を見つける事が出来たら
願いが叶いそうで
声聞きたくなったけど
少し遅いから
留守電に残ってる
キミの声を聞きながら
見上げれば三日月に
少し近づいた気がする夜

==

- スポンサーリンク -