ViViD EVER 歌詞

歌手:ViViD
作詞:シン
作曲:零乃

桜散る春景色 一枚の思い出に 君を残したまま

雪解け小路 貴方の背中 重なる季節
愛とは何か教えてくれた去年の夏の夜

春風、夢を見たあの頃に 涙とともに置き忘れた想い
「いつしか あなたとまた会えたら…」
意味のない指切りをして

さようなら貴方へ
さようなら貴方へ
大切な想い教えてくれた

このアルバムにしまいこんだ思い出と貴方の笑顔
ただ抱きしめて眠る…抱きしめて眠る

旅立ちの日に貴方がくれた大切な言葉
木漏れ日の中 滲んで見えた思い出の一ページ

春風、夢を見たあの頃に 時計の針は錆び付いたままで
「いつしか あなたとまた会えたら…」
意味のない指切りをして

さようなら貴方へ
さようなら貴方へ
大切な想い教えてくれた

このアルバムにしまいこんだ思い出と貴方の笑顔
ただ抱きしめて眠る…抱きしめて眠る

愛してた貴方へ
思い出の貴方へ

愛してた貴方へ 愛してる貴方へ
二度とは会えない 分かってるけど

このアルバムにしまいこんだ思い出と貴方の笑顔
ただ抱きしめて眠る…抱きしめて眠る

==

- スポンサーリンク -