ViViD 夏風~endless love~ 歌詞

歌手:ViViD
作詞:シン
作曲:怜我

青い空見上げながら そっと肩抱き寄せ誓うよ
季節が通り過ぎても決して離さないいつまでも

無口な二人が座り込む きらめく浜辺
包み込む波のBEATに高まるこの胸の鼓動

「怖がらなくていいじゃん? 強がらなくていいじゃん?」

風がそう耳打ちしたようで
少しだけ勇気を出して距離を縮めた

純粋な恋しかしてないだなんて
そんな事はないけれど これだけは言わせて欲しい
こんな気持ち初めてだよ

青い空見上げながら
そっと肩抱き寄せ願う
これが最後の恋になるようにと
透き通るような瞳に 何を映してあげられるだろう
季節はまた変わるけど僕の気持ちを信じていて

一分でも一秒でも
隣にいたいって
真っ直ぐに伝えたのなら
どんな言葉くれるのかな?

純粋な恋が本当にあるなんて
ずっと知らなかったけど
かけがえない想いに
気付かせてくれてありがとう

白い雲を追いかけて
君の手をひき駆け出す
終わることない二人の物語
透き通るような瞳に 幸せを映してあげるよ
季節はまた変わるけど君の気持ちを感じていたい

輝く日差しの中で 強く肩抱き寄せ願う
これが最後の恋になるようにと
透き通るような瞳を ずっと守ってあげたいから
季節が通り過ぎても決して離さないいつまでも

「わかっているからもう何も言わないで?」
シャラルララ…見つめてる

「信じているからもう何も言わないで?」
シャラルララ…始めようよ

==

- スポンサーリンク -