vistlip B 歌詞

vistlip B

発売日:2012.07.04
作詞:智
作曲:瑠伊
歌詞:

街中がざわめいた
空を差した指先
赤い渦が世界を飲もうとしている
だから“ストップウォッチ手にしたのは時間止め君と居たい”
それなら素敵だったのにね

未来予報は全てハズレ
期待した道具も兵器も打ち切りだ

トロい足並みの人類は悟った
滅びてしまう前に好き放題やらかそう

ある朝、死神が魔法を配って歩いた
「こんな時なんだ。夢ぐらい叶えたいだろう。」
ズルしてまで叶えたいか?
それこそ不完全さ
「僕には、必要ないです。」と断ろう

新米ニュースキャスターの報道
「犯罪率が急激に増加するでしょう。」

笑顔忘れてる人類を誘った
滅びてしまう前に黒い旗掲げようぜ

赤い渦はもう目前だ
既に決めた願いが在った
喉笛差し出して行こうぜ末路へ

聞いてるか神様
あんたが遊んだ世界で愛するヒトがこれでもかと泣いてんだよ
この鼓膜が破れたってセトリが残ってるんだ
腐った心臓が欲しけりゃくれてやれ

“星”って字バラしたら“生まれる日”とも書けるね
そんな美談が幾つ在ったっていいだろう
あと一撃喰らわせてトドメをさそうじゃないか
くたばれ
この世界中に幸あれ

病室の隙間から泣き声が漏れてる
何故、悲しそうに生まれたの?
安心しなさい…誰に何と云われようと僕達は完璧さ
謡うよ
君にHAPPY BIRTHDAY

==

- スポンサーリンク -