Versailles THE RED CARPET DAY 歌詞

発売日:2012-07-04
作詞:KAMIJO
作曲:TERU
歌詞:
Ah… 確かに望んだ“永久に生きる事”を
私のこの躯が闇に侵されてでも

Ah… 最期の願いは“共に死に逝く事”と
彼女は望んでいた同じ神と信じて

鏡は蜘蛛の巣となって消えてゆく灯を

Ah… 派閥に別れた微睡む時代の中
争う人々を神々が嘲笑う

鏡は蜘蛛の巣となって消えてゆく灯を

紅いベッドの上 貴女の首筋に
溢れ出す命を 私に注ぐ
もっと側にいてと貴女を抱きしめて
どうして人は神を信じるのだろう?

紅いこの床を這うように
甘いその香りに包まれて

The Red Carpet Day…

紅いベッドの上 貴女の首筋に
溢れ出す命を 私に注ぐ
もっと側にいてと貴女を抱きしめて
どうして人は神を信じるのだろう?

==

- スポンサーリンク -