VALSHE AFFLICT 歌詞

作詞:
VALSHE nbsp;

作曲:
minato

この花に 自由の水を与えて
咲いたなら どんな色を选ぶだろう

合图次第で君が足を组み替えたら
目が合うまでに言い译して笑えばいい

本当はそうじゃないんだって その先を否定した
色褪せていく仆に似合う 想像(イメージ)通りの世界

落ちていけそうで怖いよ 鼓动さえlosing control
忘れられたほうがマシなんて
吐き出す息も枯れて 消える そんな梦を见た

“见えもしない事なんて虚无と似たようなものさ”
一面に咲くモノクロの花が どれだけ仆を饰り付けようとも
花束にはなれない

奇迹をなぞる君の影が何处にあるの?
表里はいつも 例外なく持ち合わせて

膝のうえ 爱想笑(わらい)もしないで大切に守られて
抱かれるだけ それだけの 人形になりたい

简单に里返せる 言叶にはlosing senseless
居なくなったほうがマシなんて
ありもしない场面を 浮かべ 泣く臆病さも

“叶うことない期待は嘘と等しく罪さ”
一面に咲くモノクロの花は 身胜手な仆を饰り付けようと
咲き续けているのに

知ることは谁かの弱さを背负う事 そうじゃない
见ることさえ拒绝した 仆も…

落ちていけそうで怖いよ 鼓动さえlosing control
忘れられたほうがマシなんて
吐き出す息も枯れて 消える 梦はもう见ない

“君の流す泪は无驮じゃないと思えた”
一面に咲くモノクロの花を 抱きしめながら仆は生きるだろう
花束になる日まで

==

- スポンサーリンク -