UNISON SQUARE GARDEN さよならサマータイムマシン 歌詞

発売日:2012-07-25
作詞:田淵智也
作曲:田淵智也

境界線一歩前で自問自答をサイコロで占う
最高なカーニバルは、未然 事前さえ無いあまりに 僕は気づけない

うだるような日差しには魔法というには粗末な過ちを生む謎がある
イカサマが通じるなら 時間なんて通り越して 何度もやり直して
「この夏はどこで途切れるの?」なんて 君が話す

さよなら この記憶だけはそう消さないように
心へかくれんぼ
もういいかい 世界の仕組みが ほら壊れ始める
待つだけじゃ損だよなあ
溢れた願いから飛んでいくようだ 時間の向こうへ

遠すぎた心 届かなくて霧隠れ
近すぎてアンバランス 立ち行かなくなってリプレイ
ランブリングの乱気流 今どこ?わからぬまま
それでも、君まで進め

穿つような夕立には非常な程にリアルな悲しみがよく似合うようだ
君がどっか行っちゃうなら 世界なんて敵にして 理屈から裏返す
あの夏に置き去りにした想いは どこへ続く?

さよなら 巡り行く結末は歪んだ蜃気楼
余りにも無情なエンディングロール 君がこの世界から切り離されて
最後の旅に出る
さよなら この記憶だけはもう消さないように
未来にかくれんぼ
もういいかい まだだよと言われても止められないから
君にたどり着くまで
明日へ行く 夏の魔法は、もう無い 鼓動の向こうへ

境界線一歩前で自問自答をサイコロで占う
眼前に偽りも無い途方も無い道が続く それでも

==

- スポンサーリンク -