TOKIO 自由な名の下に 歌詞

作詞:
城島茂

作曲:
国分太一

振り切れ失せちゃ 擦り切れ捨てちゃ
何だってそうだね 始まりもしない
ありきたりでも自問自答さ
そんな毎日

変えなきゃって言う想いきっかけで現在に至るんだ
多趣多様な出逢い繰り返すよ ふと見つけたあの雲みたく

自由な名の下には 僕しか紡げぬ明日が
ともすれば誰にでも出来うる 厳しく優しく行こうか

どんな傷跡も滲む泪も
懸命な証拠さ

こうすれば?って誰かが言ったけど 限定にハマらず
多岐多様な出逢い繰り返すよ 未だ漂うあの雲のように

自由な名の下には 今だから出せる色が
だとすれば夢だって叶うる 自分の時間で行こうか

垣間揺れる木々の先の虹よ
いつか辿る景色に想い馳せた

理由が其処に在れば 振り返る事もないね
答え無き日々にありがとう 自分の時間見つけたよ

微かな光が差す限り 広がる終わらないストーリー
だとすればもう始まっている
自由な名の下に この胸刻むと誓うよ

==

- スポンサーリンク -