The Sketchbook Runway 歌詞

Runway
The Sketchbook
発売日:2012-09-26
作詞:多田宏
作曲:The Sketchbook
歌詞:
飛び出して揺れる機体が
幾つもの希望を乗せて
雲を突き抜ける
さぁどこへでも行けるよ
僕も期待に揺れた
あと数時間後には
知らない世界が
待ってるんだ さぁ行こうか

雲間から射し込んだ一筋の光のように
未来は自分の放つ光で照らすよ

例えばこの手にずっと握ったままの
夢のドアを開ける鍵は
他の誰でもなくて自分なんだってことに
気がついたんだ この想いを
遠く離れた君にも届くように

真っ白な答案用紙に
大きく夢を書いて
折った紙飛行機を投げたら意外に飛んでさ
空を飛ぶために必要だったものは
知識や道具じゃなくてその「想い」なんだろう

想像を越えたとき僕たちは夢を見るんだ
未来は可能性に溢れてる

重ねた時間だけ臆病になるけど
その分強くもなれてる
どれくらいの想いで明日を信じられるだろう?
不安も連れて行けばいいよ

窓の外にはほら一筋の光
そして僕はあの空の向こうへ

例えばこの手にずっと握ったままの
夢のドアを開ける鍵は

==

- スポンサーリンク -