THE BACK HORN 世界中に花束を 歌詞

歌手:THE BACK HORN
作詞:THE BACK HORN
作曲:THE BACK HORN

何故だろう 何もないな
あんなに欲しかったのに
あるのは寂しさと霞がかった空だけ

生きるのは簡単なことではないけれど
辛いだけでもないだろう
ひと気のない明け方の街を歩くのが好きだった

世界中に花束を 太陽が昇るその前に
光や笑顔や喜びに隠されてしまうその前に

不思議だな 憧れや夢は
近づけば近づくほど遠ざかってゆくようだ
消えてしまいそうなほどに僕は今無力だ

あの空ではずっと消えない悲しみが
もういいよと嘆いている 軽はずみな言葉はやめて
全ての人におやすみ

世界中に花束を 生まれ変われるその前に
今日だけの悲しみにさよならを告げて手を振るよ

何もかもみんな もともとは一つだっだのか
儚く揺れながら消えてしまうほどに
確かに僕はここにいるから

悲しみにまみれたくないんだよ
まだ夢は叶えたくないんだよ
神様になりたい訳じゃないんだよ
また君に会いたくなるんだよ

今 心の扉を開いてゆくのさ 眠れる孤独を連れたまま
心臓は動くのさ 世界も動いているのさ
誰にも邪魔されることなく

朝と昼と夜と光と影と僕とその間で奏でている
おどけて笑ってよ 忘れはしないだろう
ずっとずっと走り続けてゆく

世界中に花束を 太陽が昇るその前に
光や笑顔や喜びに隠されてしまうその前に

世界中に花束を 生まれ変われるその前に
今日だけの悲しみにさよならを告げて手を振るよ

僕ら何処へ行く
何処へ行ってもまた此処に帰るだろう

==

- スポンサーリンク -