THE BACK HORN いつものドアを 歌詞

歌手:THE BACK HORN
作詞:菅波栄純
作曲:THE BACK HORN

いつものドアを開けるのが
これほど怖いことだとは

深い海の底みたいな夜が続いて
橙の電灯が遠くなってゆく

幸せを捕まえたその拳で傷つけて
幸せを手放したその手のひらで受け止めて

我儘はあなたの分だよ
我慢したあなたの分だよ

何度も咳き込む音だけがずっと
この世界の片隅でカラカラと響いた

幸せを捕まえたその拳で傷つけて
幸せを手放したその手のひらで受け止めて
失ったその瞬間に愛しくなる そのくり返し
無いものねだりばかりで全てを失くしてまった

あなたの咳の音
その咳と咳の間の沈黙に耐え切れず僕は震えてる
この世の外側に無限の外側に落っこちる感じ
いっそ殺してくれないか

いつだって冷え切った僕の手を包み込んだ
あなたのその手のひらはやわらかであたたかくて
失ったその瞬間に愛しくなる そのくり返し
無いものねだりばかりで全てを失くしてしまった

いつものドアの向こうには
穏やかに陽だまりが揺れるだけ

==

- スポンサーリンク -