Sweety ゆきうさぎ 歌詞

作詞:
OSTER project

作曲:
OSTER project

冻てつく夜の小道
真っ白な雪のうさぎと
手を取り合って步く
あの日のことを想う

薄明かりの中
吐息までも
お互い良く见える距离で
君は仆の颊を抚でる

そっと息をひそめ
笑い合った温もりは
回る星の环の下で
ふわり 梦に消えた

大きな音と共に
通り过ぎた青い车は
诘め迂んだ思い出を
一绪に连れ去ってゆくから

あの瞬间から
何かが违うの
こんなに近くにいるのに
どうして君に触れないの

冷たい泪が
渗み出して止まらない
溶け始めた透明な冷气が
この胸に突き刺さる
瘦せた君の体を
この手で支えることさえ
仆には许されないまま
やがて 夜明けが来る

朝の阳射しの中も
温かな手の中も
どれひとつ
君の居场所になれないまま

今君は何处にいるの

气づいていたんだ
交わることのない道を
步んでいた二人の幸せは
触れ合うことは出来ない
远い空の果て
届くことはないけれど
变わらずに君の事を
爱してるよ

さよなら

==

- スポンサーリンク -