Superfly 終焉 歌詞

歌手:Superfly
作詞:越智志帆
作曲:越智志帆

泣かないでよ
今更あやまらないで お願い
無意味でしょう

いつだってあなたの言葉と
胸の中 戦ってきたのに

覆さないで
「忘れて」なんて言わないで お願い
虚しくなる

思い出は美化できるけど
記憶は2度と消えないから

月のように 星のように
穏やかに許し合えたら
違う今をみれたのかな
私の心で

何度 悔やんで 恨んで 声ぶつけ合って
悩んで 泣いて こらえて越えた あの日々が
今の私を創っているから
それでいい それでいいから 笑って

届いてしまえば
決して引き戻せないから
愛ある言葉を

誰かとともに生きてゆくのは
どうしてこんなに苦しいのだろう

責めたりしないよ
きっと見失ってたんだ お互い
幼すぎて

でも大粒の涙を見ても
私の心は晴れないから

空を舞う 鳥の群れのように
お互いが必要ならば
上手にもっと 寄り添いたかった
あなたの心と

何度 悔やんで 恨んで 声ぶつけ合って
悩んで 泣いて こらえて 越えた その場所で
今のあなたが幸せならば
それでいい それでいいから

何度 悔やんで 恨んで 声ぶつけ合った日々も
悩んで 泣いて こらえて 越えた あの日々も
今の私を創っているから
だからもう泣かなくていいよ これ以上

==

- スポンサーリンク -