SPARKS GO GO 希望の街 歌詞

歌手:SPARKS GO GO
作詞:八熊慎一
作曲:八熊慎一

言葉を刻んで 君に届けようとしても
風に流され 街に踏まれてくのさ

恋を唄ってる 流行りの歌 流れてる
口ずさもうとしても まるで知らない

嘘に殴られ 森を抜け出そうとしても
闇につまづき パンチ受け続けてる

愛を探してる たまには涙している
それを燃やし続けて 明ける日を行く

悲しき男の これは切ないSad Song
重ねてた 繰り返した 滲んでた街

悲しき男の これはさまようSad Song
嘆いてた 潤んでいた なじめない夜
そんな夜

やがて明けてゆく それを眺め続けてた
そんな時を抱えて また明日を行く

悲しき男の これは切ないSad Song
重ねてた 繰り返した 滲んでた街

悲しき男の これはさまようSad Song
嘆いてた 潤んでいた なじめない夜
そんな夜

==

- スポンサーリンク -