SISTER JET (Almost)Young Blue 歌詞

作詞:WATARU.S

作曲:KENSUKE AOKI

どこだろう どこかな
日曜の雨なんて
ひとりじゃ 何すればいいかわからない
どうにか こうにか
毎日をやっているよ
ふわっと
吐き出した煙は消えてった

ごちゃごちゃに散らかった
このせまい部屋に突っ立って
君の面影探しても
今さら もうなんにも変わらない

君のさみしげな横顔を見て
言えなかった 言葉が浮かぶよ
未来が少し不安で
思い出は切なくって
幸せは どこだろう どこかな

どうだろう どうかな
元気でやってますか
気がつくとそんなことばかり考える

あの頃の僕たちは
同じリズムで揺れていた
欲しいモノだけ考えて
はしゃいで切ないほど眩しすぎた

君の無邪気な笑顔だけ
ずっと探してた ごめんね 違うよね
君だけ大人になって
僕は追いつけなくて
幸せは どうだろう どうかな

幸せのレシピはそれぞれで
時と共に変わり続けていくものだって気づいた

君のあの日の横顔に
今なら言えるよ はっきりと
一緒にいよう ずっと
君じゃなきゃだめだって
幸せは
そうだよ そうだよ

==

- スポンサーリンク -