SEKAI NO OWARI 炎の戦士 歌詞

作詞:
中島真一 nbsp;

作曲:
中島真一

谁よりも强くなりたくて一生悬命努力して
やっとの思いで作り上げた铠は
中にいてもただ穷屈で身体は弱ってく一方で
たまらず自ら脱ぎ舍てたんだ

それでも流した汗の痕は仆にしみついて
血となり肉となり骨となり仆を动かしている

仆を饰る宝石がなくなったって守り续けたいものがある
“あの日”灯したこのロウソクだけはずっと守り续けていく

谁よりも自由になりたくて一生悬命走って
やっとの思いで辿り着いた山顶で
まだ颜を上げなきゃ见えない山がこんなにもあるなんてさ
自分の小ささに嫌になっちゃうよ

それでも流した泪の痕は仆にしみついて
血となり肉となり骨となり仆を动かしている

生きることだけで精一杯だって守り续けたいものがある
“あの日”灯したこのロウソクだけは强く燃やし续けていく

渡れるはずの石桥を叩きすぎて
坏してしまった“あの日”の后悔だって
血となり肉となり骨となり仆を动かしていく

仆を饰る宝石がなくなったって守り续けたいものがある
“あの日”灯したこのロウソクだけはずっと守り续けていく

==

- スポンサーリンク -