Rake HANABI 歌詞

作詞:
Rake nbsp;

作曲:
Rake

夜空に咲いた真夏の花よ
煌めく瞬间よ 见つめ合い 静かに溶けて行く

ついさっき“おやすみ”を告げて 长电话终えたはずなのに
また君の声が闻きたくて 眠れそうにないよ

不器用なほどに梦の中でさえ
优しい声闻こえているんだよ
ずっと ずっと ずっと 二人は惹かれ合って

夜空に咲いた真夏の花よ
煌めく瞬间よ 永久の彼方へ
运命が仆らを选んだ 目をそっと合わせ
见つめ合い 静かに溶けていく

约束の次の周末はどこへ行こう?
少し远くまで 骚がしい街を拔け出して
パノラマの星を见に行こう

数えきれないキラメキの中で
一番星を首饰りにして
そっと ぎゅっと ぎゅっと 手を取って送るよ

仆らの未来に何があるの
分からないけど 君へ歌うよ
瞳に映る君の笑颜が いつまでもずっと
谁よりも 君のそばにいるよ

夜空に咲いた真夏の花よ
煌めく瞬间よ 永久の彼方へ
运命が仆らを选んだ 目をそっと合わせ
二人溶けていく

仆らの未来に何があるの
分からないけど 君へ歌うよ
瞳に映る君の笑颜が いつまでもずっと
谁よりも 君のそばにいるよ

==

- スポンサーリンク -