PAGE Monochrome 歌詞

歌手:PAGE
作詞:PAGE
作曲:PAGE

単色で塗り固めたField 時計の針の音が響く
昔から虚しいぐらいに無関心 きっと変わる 周囲に問いかける「何年後?」
単色で塗り固めたField 時計の針の音が静かに響く
逆さまの感情 凍りつく体 向かう墓場

不憫だ 古びたスニーカー踏みしめる踏み台 風鈴の音で癒す 必須 修理が
噛む味のないチューイングガムと味気ない充実から色が抽出される
一二三指折り数え いつしか停滞した しくじった俺の位置
二分の一の憂いとて 当然 続く No pain no gain
窓越し見える満月の光さえ今やこんなナンセンスなんです
時計の針 逆行しない 身も朽ち果て骨となりDisappear 求むRescue
昨日だと 覚えていたパスは 言おうちゃんと「Help me」結果どうせ奴らも
上面だけの言動で俺をとうせんぼ カゴの鳥乞う Just a moment

単色で塗り固めたField 時計の針の音が響く
昔から虚しいぐらいに無関心 きっと変わる 周囲に問いかける「何年後?」
単色で塗り固めたField 時計の針の音が静かに響く
逆さまの感情 凍りつく体 向かう墓場

立ち寄る公園で 君の盲点の俺に天が当てる照明
半透明の心(うら)の裏に潜む 名も無き少年の声「もう泣きそうです」と公言
正面はいつも薄暗く 日々の苦痛が消したあの普通な毎日
深い意味は無い 幸なんてどうせ来ない 悲観の All day, all night
あっという間に紅に染まり怖い空に 誰も側にいてくれない
冷たい つれない 素気無い街 一向に降りない夜の帳
ただ小さくなった思いも元は等身大 ホントどうしたいの?
逃避 溺れる夢の海 You and me 迎える終焉のみ

単色で塗り固めたField 時計の針の音が響く
昔から虚しいぐらいに無関心 きっと変わる 周囲に問いかける「何年後?」
単色で塗り固めたField 時計の針の音が静かに響く
逆さまの感情 凍りつく体 向かう墓場

今までの無力な自分しか写さぬ望遠鏡
仕方なく今日も起きる もう「生きる意味」なんて愚問でしょ
屍と鏡の中にいる自分と共鳴を
今 立つ 廃れたこの場所が彼曰く桃源郷

単色で塗り固めたField 時計の針の音が響く
昔から虚しいぐらいに無関心 きっと変わる 周囲に問いかける「何年後?」
単色で塗り固めたField 時計の針の音が静かに響く
逆さまの感情 凍りつく体 向かう墓場

“孤独”別に確信はないの 今日もまた やたら寒いな街道
自分の脆さ 分かっていたから泣く 沈む夕日を眺めながら
何故かネジが外れた 俺を何処の誰がいつ助けだす
明日 明後日も視界はモノクロ いつになれば君に手が届くの?

単色で塗り固めたField 時計の針の音が響く
昔から虚しいぐらいに無関心 きっと変わる 周囲に問いかける「何年後?」
単色で塗り固めたField 時計の針の音が静かに響く
逆さまの感情 凍りつく体 向かう墓場

==

- スポンサーリンク -