PAGE マナツニミタユメ 歌詞

歌手:PAGE
作詞:PAGE
作曲:PAGE

暑さに負け部屋の中で立つ夢路 向こうに誰かの影
明るくなり 嫌でも動かす足は軽くない (嫌気差すぐらい時間は経つ無駄に)
今日も卑屈な僕を夜が連れ出すの 夕暮れから朝まで
知った上でまたここへ迷子 (あまりの心地に狂っちまいそう)
昨日の夢を今日にKeep on ずっと色褪せず この理想が変える
NoをYes 君が告げる言葉 (知っているさ これが夢である事は)
目が覚める頃にはもうそこにはいない このMemoryは消されるなら
Summer days 夢の中で君と汗だくの体で朝まで…

空が白むまでは誰にも邪魔をされないで
このまま良い夢を見ていたいよ
空駆ける星達が夜道を照らす頃に
また夏の夢が僕の夢を叶えてくれるから

Greyな世界 また嫌なSunrise 色々考えるけど分かんないから
今日も仕様がなく打った相槌 遠ざかる背中 もうMicro sizeに
前向きじゃないフリで前振りのないLifeにTryしている
ここは俺には危険Zone 迷う都会の雑踏で人間酔い
嗚呼 流れ星に手伸ばした この静寂も気のせいと解釈
快楽という名の夢の中に逃げる 朝の絶望を省みず
消えそうな泡沫人(うたかたびと)に問う 孤独な姿が一人
僅かな昔の面影も いつかは俺の知らぬ何処かへ

空が白むまでは誰にも邪魔をされないで
このまま良い夢を見ていたいよ
空駆ける星達が夜道を照らす頃に
また夏の夢が僕の夢を叶えてくれる

空が白むまでは誰にも邪魔をされないで
このまま良い夢を見ていたいよ
空駆ける星達が夜道を照らす頃に
また夏の夢が僕の夢を叶えてくれるから

暑さに負け部屋の中で立つ夢路 向こうに誰かの影
明るくなり 僅かな昔の面影も いつかは俺の知らぬ何処かへ

空が白むまでは 空駆ける星達が
空が白むまでは 空駆ける星達が夜道を照らす頃に

==

- スポンサーリンク -