NICO Touches the Walls – 夢1号

夢1号
ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ (NICO Touches the Walls)
発売日:2012年12月19日
作詞:服部良一
作曲:服部良一
歌詞:
申し訳ございません。只今歌词がありません。m( _ _ )m
お持ちしているならば、提供していただけませんか。
ありがとうございます。 ( ^_^ )
前作 NICO Touches the Walls「夏の大三角形」感想:
1.夏の大三角形
NICOの2012年初となるシングル。
爽やかなギターリフとキーボードのアレンジが印象的ですね。
今までの曲よりも突き抜けているせいか、夏らしさがより演出されています。
サビに至るまでの展開や伸びやかに歌う光村の歌唱・・・
全てにおいて表現力の向上を感じました。
歌詞も甘酸っぱさだけじゃなく、前に突き進んでいく決意を感じられるのが見事。
アウトロのドラムが演出する余韻もなかなかです。
全てを含め、新たなNICOの名曲が誕生したと言えるでしょう。

2.夕立マーチ
小気味いいリズムのドラムとギターアルペジオが心地いいポップソング。
マーチを髣髴とさせるドラムのリズム構成も印象的ですね。
表現力が段違いに上がっているのが伺えます。
ギターの古村による作詞作曲なんですけど、個人的にはかなりツボな1曲。
クレジットを見るまで光村が作曲したのかと思っていました。
それくらいに違和感がないんですよね。

3.ラッパと娘
昭和歌謡のカバーなんですが、思った以上にカッコ良くて驚いたなぁ。
ギターを効かせたロックアレンジもそうだけど、光村の歌唱が力強いんです。
久々にキレのいいボーカルを堪能できました。曲の雰囲気にも合っているしね。
個人的には、途中でディスコ調になってるのもツボですね。
彼らのルーツを感じられる点もポイント。

==

- スポンサーリンク -