nano.RIPE – よすが

よすが
nano.RIPE
発売日:2012-10-03
作詞:きみコ
作曲:きみコ・佐々木淳
歌詞:

巡りゆく時 深くなる秋 染まりだす街と木に思い出す夢
セピア色した2人が笑う 向こう側 今日とよく似た秋茜

少しだけ背伸びしてきみの頬に触れた

知らぬ間に繋いでいた手は知らぬ間に離れてしまった
繰り返す日々をなんとなく当たり前に思ってたワケじゃない

流れゆく時 小さな傷を少しずつ柔らかな光に変えた
あまりに映えて少し笑った もみじの隙を埋める秋茜

遠い空 その下できっときみも笑う

重ねた日は何よりキレイでヒトツとして忘れたくはない
暗闇で立ち止まる時も足元を照らしてくれるだろう

強がりもワガママも優しいウソも
果たされぬ約束も全部このままずっと
また秋が来るたびに思い出すだろう
また秋が来るたびに

傷つけ合って震えたココロやただ溶け合って流した涙や
きみと出会って手にしたすべてを あたしは今歌うから

離れた手の中に残るモノ 今日の明日のあたしを創るよ
ヒトツとして無駄なモノはない 忘れぬようにココから歌うよ

==

- スポンサーリンク -