May’n 光 歌詞

歌手:May’n
作詞:真名杏樹
作曲:田中秀典

太陽は打ち寄せる まるで別離(わかれ)を隠すみたいに
遺された想い出のカケラ集めて 燃える朝よ
僕等は誓う 今日という日を無駄にせず
生き抜いてくと共に願う 魂には限界など無いはずさ

もっと泣いても笑っても 感じ続けるんだ
心を捨てそうな僕は君と
泣いたり笑ったりしながら気づいた やっと
胸に張り付く絶望が 光になるまで
何度だって もう一度

当たりまえに思えた 前に広がる 穢れなき空
そう あの頃は傲慢で無邪気だった 悔やむほどに
僕等は動く 試し始めたやり方が
間違ってても両手のばす
まだ名もない可能性を呼びながら

もっと泣いても笑っても 求め続けるんだ
癒えない痛み引き裂くけれど
泣いたり笑ったり 出来なくなる その前に
顔を上げよう 新しい朝の訪れを
喜び合えますように

明日を投げ出せば 風景(けしき)は石になり
自分が誰かも忘れるから
泣いても笑っても 感じ続けるんだ
心を捨てそうなあの日を越え
泣いたり笑ったりしながら今日を生きるよ
胸に張り付く絶望が 光になるまで
何度だって 最初から…

==

- スポンサーリンク -