MARiA aMazing MusiQue PaRK 歌詞

作詞:
MARiA

作曲:
とく

それは いつも キミが 口ずさむ
それは ジユウ? それは キセキ?

好きなだけつめ込んだ カバン持って
ヘッドホンをつけたら どこへ行こう

飛行機に乗り込んで パスワードはいらない
キミをしばるものなんて 何も無いよ

カラダが軽くなる
スピードをあげて
聞こえる音感じてもっと
ほらねキミにもきっと見えてきたでしょ
aMazing Musique PaRK

キミはまだ 少し 信じてない?
壁なんて関係ない不思議なチカラ

国境を飛び越えて パスポートはキミ自身
夢のようなセカイを 見せてあげる

ココロが通じ合う
ボリュームをあげて
聞かせてキミの声もっと
いつだって耳をすましたらそこに
aMazing MusiQue PaRK

月の裏に隠れてキスしよう
星屑のドレスで踊ろう
雲の上で朝まで眠り
太陽とおしゃべり
どこにだってキミを連れてくよ

無機質な現実世界は
夢見ることさえ忘れて
寂しくて 悲しくて
そんな毎日じゃつらいだけでしょ

ココロをのぞかせて
泣いたって良いよ
ココロが熱くなる
ボリュームをあげて
聞かせてよキミの声もっと
いつだって耳をすましたらそこに
aMazing MusiQue PaRK
ほらねキミにもきっと見えてくるはず
そっと いつも ずっと キミのココロに

==

- スポンサーリンク -