K.J. 助手席にいさせて…。 feat. HIROKO (mihimaru GT) 歌詞

発売日:2012-07-04
作詞:Kohei Sakama
作曲:童子-T・Shingo.S
歌詞:

お願いもう少し助手席にいさせて
最後の夜をかみ締めたいから
だからもう少し助手席にいさせて
もう二度と会えないのなら

合計何回 この車で君を送り届けたんだろう?
数えきれないけれど助手席に君を乗せるのも今夜で最後だろう
初めてデート 初めてのキス 初めて旅行したゴールデンウィーク
ハンドル握る俺の左には決まっていつも君がいた
どこ行くにも車走らせた 好きな音楽を君に聴かした
その横顔が俺を癒した 永遠に続く気がした
次の信号で君を降ろしたら もう2度と会えないんだとしたら
あともう少しだけ続けたい 2人だけの最後のドライヴを

お願いもう少し助手席にいさせて
最後の夜をかみ締めたいから
だからもう少し助手席にいさせて
もう二度と会えないのなら

雨の日も風の日も晴れの日も(言葉交わさなくても)
熱い夏も寒い冬もこの車内は(愛が溢れていたね)

こみ上げる寂しさこらえ 車を停める君んちの前
ドアを開け私の腕を引き止めて
引き止めたい 何をためらう事なんて何もない
愛してる そう言って欲しいのに

お願いもう少し助手席にいさせて
その横顔を焼き付けたいから
だからもう少し助手席にいさせて
まださよならが言えないから
雨の日も風の日も晴れの日も(言葉交わさなくても)
熱い夏も寒い冬もこの車内は(愛が溢れていたね)

==

- スポンサーリンク -