JUJU 花がめぐるところへ 歌詞

歌手:JUJU
作詞:松井五郎
作曲:高木洋一郎

空を埋める桜
見惚れていたら
ずっと歩いてきた
まわりの景色が
突然 変わる

あたたかい思い出を
離れるのはとても怖いけど
さみしさが次の
はじまりを教えて
くれるのなら

忘れないよ
まだこれから先
道は続いてく
いつでもそばに君は
いるもの

さよならには
また花がめぐる
ところへ向かう
力が あること
いま信じて

いつか冬の風も
吹いてくるでしょう
たぶん凍えそうな
てのひらは君を
探してしまう

だけど一緒に見てた
夢は心支えてくれる
めぐり逢えた意味
たどるように強く
生きてゆくよ

忘れないで
まだ何度だって
朝は訪れる
あふれた涙の跡
拭って

さよならには
また光が射す
ところへ向かう
軌跡が あること
いま信じて

失うわけじゃない
ただ前に 進むだけ
思いのすべて きっと
かけがえないものだから

忘れないで
まだこれから先
道は続いてく
いつでもそばに君は
いるもの

さよならには
また花がめぐる
ところへ向かう
力が あること
いま信じて

ここから
つながる
時を
信じて

==

- スポンサーリンク -