Jam9 花火 歌詞

発売日:2012-07-18
作詞:Jam9
作曲:Jam9
歌詞:

夏の恋を照らして舞う花火
手を繋いだ君が笑うたび
胸の中で確かに愛しさがこみ上げるんだ
夜空を飾る月明かり
七色に光る虹のように
2人の目に浮かんだ
この夏1番きれいな花火

ずっと約束してたのに
こんな日に喧嘩なんて
なんか素直になれなくて
時計が3時を過ぎる

いつだって自分勝手な恋
気分屋で最後に謝るのも君で
だけど本当は今すぐ会いたい
花火まだ間に合うかな

夏の恋を照らして舞う花火
手を繋いだ君が笑うたび
胸の中で確かに愛しさがこみ上げるんだ
夜空を飾る月明かり
七色に光る虹のように
2人の目に浮かんだ
この夏1番きれいな花火

薄紫の浴衣艶やかな姿で
まるで子供のように笑うから
時間が止まったちゃんと君に謝って良かった
年に1度の舘山寺花火大会
このまま隣で笑い合いたい
地元浜松じゃかなり最大規模で混み合う夏のパーティー

人混みを抜けて君の手を引いて歩く道はまだ暑くて

履き慣れない下駄につまずいたり
人に当たってまたふらついたり
でもそんな風に笑うんだね
きっと待ち焦がれていたぶんだけ
今日は君の大事な思い出になっていく

夏の恋を照らして舞う花火
手を繋いだ君が笑うたび
胸の中で確かに愛しさがこみ上げるんだ
夜空を飾る月明かり
七色に光る虹のように
2人の目に浮かんだ
この夏1番きれいな花火

baby,do you remember?
向き合っていこうと決めた
あの日から君と手を繋いでた
来年も再来年も袋井も焼津も清水も

君と見上げたい手を繋いで

拝啓、昔一緒に眺めた
花火を思い出してるあなたへ
元気ですか?
今日また誰かと見上げていますか?

夏の恋を照らして舞う花火
手を繋いだ君が笑うたび
胸の中で確かに愛しさがこみ上げるんだ
夜空を飾る月明かり
七色に光る虹のように
2人の目に浮かんだ
この夏1番きれいな花火

==

- スポンサーリンク -